ブチヒゲカメムシ (斑髭亀虫)
分類:昆虫綱・カメムシ目・カメムシ科
食草:マメ科、ナス科、ウリ科など
害虫度:中★★ 
 戻る


成虫の大きさは15mm前後で、触覚が白と黒のブチなので名づけられました。
マメ科の実の汁を吸う害虫です。吸われたマメは吸われた跡が残り、大きくなりません。その他いろいろな野菜の茎や葉から吸汁します。
幼虫は成虫とあまり似ていません。孵化は、卵のふたを缶切りであけるようにして出てきます。
2013/7/27撮影
カボチャの葉上で産卵中。卵の直径は約1mm。
畑での産卵場所は、マメ類、ジャガイモ、ナス、アスパラガス、カボチャなど広範囲です。
2010/06/25撮影
大きさは14mmぐらいの成虫。ヒゲがブチ模様です。
2011/8/30撮影
5齢ぐらいの幼虫。
2010/10/01撮影
ナスに付いていたやさしいピンク色のブチヒゲカメムシ、だと思います。突然変異でしょうか。
2010/06/30撮影
腹部の両サイドもブチ模様です。自然のデザインはすごい。
2013/06/16卵採取2013/06/26孵化後2日目
ジャガイモの葉に産み付けられた28個の卵が孵化しました。
ジャガイモの葉を吸汁し、徐々に大きくなっています。
2013/06/28脱皮1回目2013/06/29分散開始
1回目の脱皮を終えると、やがて分散し、ジャガイモの茎を吸汁するようになりました。
2014/8/12撮影
ユウガオの葉上の孵化間もない幼虫。ゆすると散らばりました。