カブラハバチ(ナノクロムシ) (蕪葉蜂)
分類:昆虫綱・ハチ目・ハバチ科
食草(幼虫):アブラナ科
害虫度:低★ 
 戻る

 成虫は体長7〜8oで、バラの害虫アカスジチュウレンジに酷似しています。
また、オスグロハバチのメスともよく似ています。
 天気の良い日に、オレンジ色っぽいハバチがアブラナ科野菜の周りを飛んでいれば、本種の可能性が高いです。

幼虫は、ダイコンやカブの葉を食べる害虫で、長さ1.5〜2cmぐらいでビロードのような深みを帯びた黒い虫です。
 取り除こうとするとポロっと下に落ち、割りばしで挟むと簡単に潰れます。
2016.06.11撮影
体長7〜8o、翅と頭部は黒、他はオレンジ色をしています。
2016.06.11撮影
飛んだ直後 、虫取り網で簡単に捕れます。
虫取り網は、無農薬畑の必需品です。
2009/10/13撮影
集団で、ダイコンの葉を食べています。
2009/10/13撮影
青みがかった真っ黒な虫です。
2016.06.11撮影
タカラダニ類に取りつかれた幼虫。