トップページ
戻る

野菜畑の害虫と益虫

秋田市の無農薬野菜畑”ゆりの木菜園”では、野菜と雑草と昆虫が共存しています。
雑草は地表温度を緩和し、乾燥を防いだり、雨のはね返りや強い風から野菜を守ってくれます。
カマキリやバッタ類などのすみかにもなります。刈り取って積んでおくとミミズやゴミムシなどの虫が集まって来ます。
50坪くらいの狭い畑ですが、良い虫から悪い虫まで、その種類の多さにびっくりです。

その虫たちを、朝と夕方に畑に出て撮るようにしています。
風が吹き、揺れる野菜や草に止まった小さな虫や、素早く動き回る虫を撮ることは難しいものです。
虫の名前を同定するのにも時間がかかります。まだモデルになっていない虫、名前がわからない虫・・・まだまだたくさんいます。

これからも、畑の虫たちを撮って、このコーナーを充実していきたいと思っています。
無農薬、有機栽培や自然栽培の家庭菜園を目指している方に、少しでもお役に立てたらうれしいです。


★ 野菜畑の益虫・害のない虫、その他
無農薬畑では、害虫が発生するとそれを食べる虫が現れ野菜を守ってくれます。
堆肥を使ったり草や野菜などの残渣でミミズやゴミムシが増え、土が良くなります。
野菜にとって良い働きをしたり、特に悪さをしない虫たち。ゆりの木菜園の愛すべき生き物です。


★ 野菜畑の害虫
トマトが好きな虫はナスやジャガイモも好きです。ダイコンを好きな虫はキャベツもハクサイも。
同じ科の野菜の害虫は、ほぼ共通しています。
野菜の科ごとにまとめました。野菜から害虫の名前を知ることができます。


★ ゆりの木菜園で撮影した野菜畑の虫リスト
”ゆりの木菜園” で撮影した虫などを、目別に50音順に並べました。
名前がわかっていれば、その生態写真などを見ることができます。


 本サイト内の写真や文章等の無断転載はお断りします。使用したい場合は、使用目的などをご連絡ください。メールフォーム