タマナギンウワバ (玉菜銀上翅蛾)
分類:昆虫綱・チョウ目・ヤガ科
食草(幼虫):レタス、キャベツ
害虫度:中★★ 
 戻る

2009/09/08撮影
サニーレタスを食害する幼虫で、終齢の長さは3.5cmぐらい。
幼虫はキャベツ(玉菜)につき、成虫の上翅に銀色の斑紋があるので名づけられました。
幼虫は、レタスやキャベツを食害します。
後足は2対しかなく、尺取り虫のように歩きます。

成虫は夜飛びますが、早朝に野菜に止まっているのを見かけるときがあります。ミツモンギンウワバ、イラクサギンウワバ、イチヂクギンウワバに酷似しています。
2010/09/03撮影
体長35mmぐらいの幼虫がメキャベツに。
2010/09/03撮影
 尺取り虫の様に動きます。
2010/07/09撮影
早朝にトマトの葉にいました。銀の斑紋が印象的です。
2010/07/09撮影
大きさ2.5cmぐらいの怖そうな蛾です。