ツマジロカメムシ (褄白亀虫)
分類:昆虫綱・カメムシ目・カメムシ科
食草:コナラ、クヌギ、柿などの樹木、インゲン、ダイズなどのマメ科
害虫度:低★ 
 戻る


成虫の大きさは9mmぐらいで、ブチヒゲカメムシに似ています。体が小さいこと、全体が黒っぽく光沢があることで識別できます。
名前の由来は、小楯板(ショウジュンバン)先端が白いので褄白( ツマジロ)。

畑での数は少ないですが、マメ類のほかにナスやオクラにも取りついています。いろいろな植物を吸汁するのでしょう。


カメラを向けると、ナスの葉の裏表を逃げ回ります。

オクラのてっぺんについています。

朝日を浴びて、前胸背板の金色が輝きます。

光沢があり、全艶ニスを塗っているようです。