ウスベニニセノメイガ (ウスベニノメイガ
分類:昆虫綱・チョウ目・ツトガ科・ニセノメイガ亜科
食草(幼虫):アブラナ科植物
害虫度:低★ 
 戻る

成虫は前翅長12mmぐらいのベージュ色の蛾。
幼虫は終齢で18mm前後、黄色とグレーの縦縞と黒いイボが特徴のイモムシです。
幼虫は、時々アブラナ科野菜で見かけますが、個体数は少ないです。
年2化、幼虫越冬、土中蛹化と言われています。 
2010/10/2撮影
キャベツを食べる17mmぐらいの幼虫。
2014/6/29撮影
吐き糸に包まれています。 
2014/7/5撮影
つぼみ菜にいた幼虫。未熟種子も食べます。
7/5、この幼虫を飼育して羽化させたいと思います。
2014/7/6撮影
つぼみ菜の種さやに食い入っています。
7/6、この幼虫を飼育して羽化させたいと思います。

左画像の幼虫が7/9に土のもぐり、8月末に一頭が羽化しました。
予想より長い期間がかかりました。

裏側。

眼は黄緑色です。 

前翅長は11.5oです。