ワタヘリクロノメイガ (ウリノメイガ)
分類:昆虫綱・チョウ目・ツトガ科
食草(幼虫):アオイ科、ウリ科植物など
害虫度:低★  
 戻る


幼虫は、主にウリ科野菜の実や葉を食害します。
幼虫の大きさは大きさは20mm前後、背側に2本の白線があります。
名前にワタが付いていますが、アオイ科のオクラでは見かけたことはありません。

成虫は前肢長13o、開張20mmぐらいの小さな蛾で、名前の通り、へりが黒いです。
尾端には毛束があり、♂の方が発達しています。


白に黒の縁取りと尾端にある毛束が同定のポイントです。
たぶん♀。

♂、ユウガオの花で。尾部の反りが大きいです。

カボチャの葉にいた体長20mmぐらいの幼虫。 

背側の2本の白線が目立ちます。

キュウリの葉にいました。

腹脚4対、尾脚1対です。