ヒメカメノコテントウ  (姫亀甲天道虫)
分類:昆虫綱・甲虫目・テントウムシ科
食餌(幼虫):アブラムシなど 
 戻る

前へ 次へ

幼虫、成虫とも、アブラムシを食べてくれる、小柄なテントウムシです。
カメノコ型セスジ型があります。足が速く、葉の裏に隠れようとします。  
2011/6/25撮影
幼虫です。今年は多く見かけます。 
2009/9/7撮影
歩き回ってアブラムシを食べる元気な幼虫。
2016.06.13撮影
前蛹です。
2013/7/29撮影
シロザの葉上の蛹です。ナナホシテントウやナミテントウに似ていますが、かなり小さいく、4mmぐらい。
2012/7/3撮影
カメノコ型とセスジ型のカップル。
2011/7/1撮影
ヨツボシテントウのような赤い背筋(セスジ)型。
2010/8/31撮影
食用菊でアブラムシを物色しています。
2010/7/10撮影
アブラムシを捕食しています。 
2010/6/30撮影
基本タイプの亀甲型の成虫です。6mmぐらい。
2010/7/10撮影
背筋型、クモと見合いしています。