オオタバコガ (大煙草蛾)
分類:昆虫綱・チョウ目・ヤガ科
食草(幼虫):広範囲にわたる
害虫度:高★★★ 
 戻る

幼虫は茎の中に入って折ったり、実の中に食い込んだりと大変な悪さをします。
ピーマン、トマト、インゲン、キクの茎を折られました。トマト、ピーマン、オクラの実に食い入っているところを退治しました。幼虫の色は、緑、茶色、灰色と様々ですが、形や模様は共通しているので識別できます。
成虫は開張30mmぐらいで、ツメクサガの色彩をぼかしたような感じです。夜に飛翔し、卵を分散して葉上や茎に1個1個産み付けます。卵の大きさは、直径0.4mmぐらいでかなり小さいです。 
2009/08/09撮影
ミニトマトに食い入っている中齢幼虫。  
2012/09/22撮影
ミニトマトの葉上の卵。産卵直後は白っぽく、だんだん茶色くなります。目を凝らさないと見えない大きさです。
2012/09/22撮影
卵の直径は約0.4mmで、拡大すると栗きんとんのようで美味しそうです。
2012/09/22撮影
偶然撮影した寄生蜂のタマゴコバチ(キイロタマゴバチ)、オオタバコガの卵に産卵しようとしています。
世界最小の昆虫は、チャタテムシの卵に寄生するホソハネコバチの1種で、体長は約0.14mmだそうです。
昆虫の世界も生存競争が激しく、神秘的です。
2010/09/18撮影
体長30mmぐらいの終齢幼虫。特徴がよく出ています。
 
2010/09/05撮影
スマートでこんな色の幼虫もいます。30mmぐらい、ミニトマトで。
2012/09/22撮影
これもオオタバコガです。体長15mm
ぐらいの幼い幼虫。
2010/09/21撮影
前翅長16mm、日中はなかなか見ることはできません。
ようやくギャングの親の顔が見れました。
2011/9/5撮影
 飼育幼虫が土にもぐり蛹になったものを掘り出しました。大きさ17mmぐらい、腹面の画像です。ストレスのためか、羽化できませんでした。
2011/9/5撮影
背面です。尾部先端には1対の針のような突起があります。元気にくねくね動きます。
2012/09/01撮影
9/1採取した終齢幼虫。
これを飼育して、羽化したいと思います。
2012/09/20撮影
9/1に採取した幼虫が9/3に土にもぐり、9/19の夕方に羽化しました。飼育箱の中を元気に飛び回っています。
2012/09/20撮影
羽を広げたところです。ツメクサガに、とても似ています。前翅長は約15mm。眼は黄緑色できれいですが、眼光鋭く怖い感じです。